ベラの戯れ言第弐章

アクセスカウンタ

zoom RSS さて、皆様はどのタイプでしょうか?

<<   作成日時 : 2015/10/26 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

皆さま、こんばんは

滞りっぱなしの当ブログにお越しくださり
ありがとうございます。

別ブログにて
走り書きをしておりますが・・


前記事にもしたためましたが
突然の回想や感傷

その都度メモしないと
忘れてしまいますね


さて・・
「中食」という言葉がありますね。
お惣菜を買って、家で食べること、だったかと思います。

我が家も、たまに買うことがありますよ。
昔よりおいしくなっているなあ、と感じます。

昔・・
お惣菜は、本当に不味かった!!

ん????

亡母の料理がおいしいから
買ったものがまずい
私の料理が平凡だから
買ったものがそこそこに感じるということ????

今となってはわかりませんね・・



兄は、とても「いい子」でした。
買ったコロッケも黙って食べて
「お母さんが作ったほうがおいしいね!」

私は、前記事の素麺同様に
「おなかがすいていない」と言って
ひとくち食べて残すのです。
買ったコロッケ、まずかったわ・・

父は
「これ、かあさんが作ったんじゃないな。
お茶漬けくれ」


整理します。
買った、おいしくないお惣菜、に対して・・

@亡父タイプ「はっきり文句を言う。そして、二口めを食べずに、代わりを要求する」
A兄タイプ「全部食べる。そして、作った方がおいしいね、とほめる」
 (買ったものへのやんわりとした批判を含めて)
Bベラタイプ「文句が言えずに、食べずに逃げる」

さて・・・
皆様はどれに近いでしょうか???

今、母の立場にある私としては
それぞれのタイプの一長一短、を感じております。

そして
当時の父、兄、私
それぞれの思いを想像しております。

さらに
当時の母の立場や気持ちも
痛いほど想像しております。

さぞ大変だったことでしょうね。
過不足なく、家族全員を満足させるには
母が作り続けるしかなかったのですよ。
それも、粗食とはいいがたいメニューで・・


食の思い出
まだまだありそうです・












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
4番です。
なんでも美味しいと言って食べます。
だって準備してくれたんですものね^_^
日本でコンビニに行くと一人用で美味しいお惣菜がたくさんあるのに驚いてます。
味もすごく美味しい!
ベラさんのお弁当もデリバリーしてくれたら大ヒット間違えないですね。
あっ、、。唯一まずいと思ったのは入院中の食事。健康壊してるから本当に食べれませんでした。入院中に15キロ痩せて死にかけましたから。病気にときは本当に美味しいものも食べれないんですよね。病院の栄養士さんが頑張っていろいろ考えてくれてたから申し訳なかった、、。
やっぱり健康ならなんでも美味しい!
シグまろX
2015/10/26 12:23
何も言わずに食べる。
文句は言わない。文句をいうと、それなら食べなくていいということになりご飯が無くなるから。
間違っても褒めない。褒めたという事実だけが独り歩きしてそれでも良いということになるから。

だからどれにも該当しないかな?子供の時は我が家もそれほど裕福ではなかったような気がします。だから贅沢は言わなかったし言えなかったかな。
はるばる
2015/11/02 16:26
シグまろXさま
ありがとうございます

さすが!「4番」ですね!
素敵なお返事、感謝致します。

大変な目に遭われて・・
お元気になられてよろしゅうございました。
健康ならなんでも美味しい!って
そのとおりかもしれませんね。

わたくしのお弁当は・・
お恥ずかしいものですよ。
市販品を使わない、というだけですから。

お惣菜の味に絡めて・・・
後記事に続きます。
ベラ
2015/11/02 23:25
はるばるさま
ありがとうございます

コメントを拝見して思いました。
どうしようもなく市販品はまずく
母の料理は(一部を除いて)おいしかったのだ、と・・
給食で好き嫌いを一切言わなかった私が
お惣菜は食べられませんでした。
蘇る記憶は後記事へ続きます。

黙って食べる、ほめない
それは、主婦にとって
一番脅威を与えるパターンかも(笑)

私の実家は
服や物はおさがりにリフォーム
食事は
副菜をしっかり採らせる、という方針でした。
戦中戦後、食に苦労した父が
食べることに貪欲だったのです。
母は大変だったでしょう・・

ベラ
2015/11/02 23:41
ご無沙汰しております。
私もC番かな…食いしん坊なので(?)親は、もとより近所の家から貰ったもの、友人宅での食事、会社の食堂、病院食など人の作ってくれた食事に対してマズイと思ったことが殆ど有りません。中3のときに母が事故したときに近所の家で夕食を御馳走になり今迄食べたことのない変な料理を出され兄は不味かったらしく一口食べて残しましたが、私は「美味しい」と言いながら兄の分まで食べました。本当言うと美味しくはなかったのですが、母の事故で食べ盛りの兄弟の為にワザワザ食事を用意してくれた、その気持ちに涙が出そうになりました。
ことっち
2015/11/03 17:57
ことっちお兄さま
お久しぶりですね!!
ありがとうございます。

思わずもらい泣き・・
お優しいですね・・

今だったら
無難に「買って届ける」のかしら・・
多分、不特定多数に好まれる味、にしてある筈ですから。
お兄さま中3、の時ならば
そういう選択肢はなかったですよね。
ご近所さまもお兄さまも
本当にお優しい!

身内以外では
私も同じ態度をとってきたつもりです。
結局、母に甘えていたのかなwww

ベラ
2015/11/03 23:50
お惣菜、確かに美味しくなりましたね。
母が入院していたとき、家族は病室でお惣菜を買って食べていました。主に世話してくれていた弟のお嫁さんは、ご飯が作れない、と言っていました。そういうとき、お惣菜が充実していて助かりましたね。
子供の頃、好き嫌いがとても激しかった私は、親戚に行った時迷惑をかけたなあ、と今思います。あれも嫌、これも嫌だったのですから。(おばさんに、申し訳なかった)それで食べたのは、梅酢をかけたご飯でした(笑)
嫌なものは食べられなかったので、文句を言うわけではないけれど、@とBのミックスでしょうか。
そんな子だったので、細くて小さかったですね〜。
昔の話。
mayflower
2015/11/08 17:08
mayflowerさま
ありがとうございます。
遅くなりすぎた返信、ご容赦下さいませ。

ええ・・御飯が作れない時
助かりますよね。
そこそこおいしいものが、いろいろありますもの!

そういえば、ご夫婦で居酒屋を営んでいた方が
プライベートではお惣菜やお弁当を買うとおっしゃっていました。とてもおいしいお料理はお仕事用。
家では「自分で作らないのが最高」だとか・・

mayflowerさま・・
今は何でも召し上がりますか?
(基本的に)
私も細くて小さかったなあ!www
好き嫌いは多くなかったと思います。
人工的なもの、怪しいもの?に敏感でしたね。
ベラ
2015/11/25 23:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さて、皆様はどのタイプでしょうか? ベラの戯れ言第弐章/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる