ベラの戯れ言第弐章

アクセスカウンタ

zoom RSS きつねとたぬき

<<   作成日時 : 2016/01/14 00:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

皆さま、こんばんは

最早「大昔ブログにいたかもしれない」人、
となりつつあるベラでございます。

ウェブリをなかなか開かなくて・・
開けない?開かない?
まあ・・どちらでもよいことでしょう。

「別ブログ」または「フェイスブック」へのご案内は
メッセージにて承ります。
但し・・申し訳ないのですが
ウェブリブログにて、またはリアルにて、
一定期間ご交誼賜っている御方、とさせて頂きますね。

皆さまのページへは
明日以降近日中
お邪魔致したいと存じます。

きつねとたぬき・・・

本日の「きつねとたぬき」は・・
単なる食ネタです。

きつね
たぬき
うどん
そば

これらを組み合わせる時
地域によってこんなにも違うの???
という話はよく聞きますよね。

静岡県中部地方で生まれ育ったベラは
「きつね=油揚げ」
「たぬき=天かす」で
それぞれうどんかそばを伴う
という感覚です。

きつねうどん、ならば
油揚げを伴ううどんで
たぬきそば、ならば
天かすをあしらった蕎麦

亡き母は滋賀県から来ました
亡き父の親族に「お披露目」をした時に
提供された「澄まし汁」に驚愕
続いて、用事周りのついでに入った蕎麦屋で
更なるショックを味わい
「とんでもないところに来てしまった」と思ったそうです。

澄まし汁は真っ黒(父の実家は農家です)
そして・・
「たぬき」を注文したら・・
見覚えがないもの、が出てきたのだそうです。

真っ黒いおつゆにそばが入っていて
天かすが盛られている・・
これ何????

そうです・・
母の郷里、滋賀県某所では・・

油揚げを乗せたうどん=きつねで
それをあんびきにしたもの=たぬき
だったのです!!!

すなわち、母は
あんかけの油揚げ乗せうどん、を注文したつもりだったのに
天かす入りの蕎麦が出てきた!!
母が受けたショックを思うと・・
申し訳ないけれど、笑えます。

お店によっては「うどんか蕎麦か」の確認をすると思いますが
それもなかったのでしょうか?


たぬき
きつね
油揚げ
天かす

地域によって
どのような組み合わせがあるのでしょうか?
ご教授頂ければ、幸甚に存じます。

余談ですが
実家の「おつゆ」は
物心ついた頃には
関西風になっていました。
母が徐々に手繰り寄せた結果のようです。

余談其の弐
もう・・30年近く前のこと
岩○、というお店にて

岩おろし=天かすと大根おろしをトッピングした蕎麦
温、冷両方あり

たぬき大盛=天かす&麺大盛(うどんか蕎麦かは不明)

店員さんの元気な声
「ホット岩一丁!!!」

店内の客が笑います。

続いて
「おおだぬき一丁!!!」


店内の客は
皆で大爆笑

見知らぬ人々が
理屈のないおかしさ、を共有していましたね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
わかりますよ〜〜^_^
私も東京に出て来た時に、うどんを食べたら真っ黒、、。
九州では関西風薄い透き通ったお汁ですからね^_^
それがもう30年も住むと真っ黒うどんが大好きに^_^
アメリカでは美味しいうどんとそばは憧れですよ〜。
シグまろX
2016/01/15 00:55
私は東京生まれの東京育ちなので、黒い汁でした。黒くてもしょっぱくないんですよね。
でも関西風のお出汁も好きです。
ねぼけうさぎ
2016/01/15 22:22
私は関西に近いので、だし汁ですね。
黒いなんてびっくりですが、その地方ではそれが一番懐かしい味なのですね。
そういえば、「お雑煮」もこちらは味噌味ですが、関東は「すまし汁」とか。
はな
2016/01/23 19:57
シグまろXさま
ありがとうございます
返信が遅くなってごめんなさい

長崎は透き通っているのですね?
東京は真っ黒?
なるほど!

実家は、両親が融合したのか?
父も関西に数年いたからか?
透き通っていました。
外食産業では真っ黒です。
それはそれ、これはこれ、と割り切って
どちらも抵抗なく頂きます。

ご愛妻さまがいらしても
アメリカでは材料そのものが入手しにくいでしょうか?
ご帰国の際は
おいしい麺類をご堪能下さいませね。
ベラ
2016/01/24 00:15
ねぼけうさぎさま
ありがとうございます
返信が遅れ、申し訳ないことでございます。

え?東京のご出身でいらっしゃるのですか?
現在お住いのお場所しか
認識出来ておりませんでした。

お醤油の色が違うのでしょうか?
ええ・・色の濃さとお味が
外見とは違う感じです。

次は「おでん」に参りますね。
ベラ
2016/01/24 00:19
はなさま
ありがとうございます

実家は
関西に数年いた父と
関西人の母でもって
透き通ったおつゆでした。

お雑煮は、すましです。
角餅

子ども時代、一度だけ母が
白味噌でお雑煮を作ったら
母以外食べられませんでした。

しかし、私は
夫の実家(四国)の
白味噌仕立て(しかも餡餅)抵抗なく頂いております。
自分で作るのはすましですが。

実家のお雑煮
実は嫌いでした。
「ここらへん」の作り方です。
で、改作したものを作っています。
次はおでんのまいりますが
お雑煮も書きたいなあ。
ベラ
2016/01/24 00:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
きつねとたぬき ベラの戯れ言第弐章/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる