実験です

DSC_0083.JPGIMG_20200520_212609_444.jpgIMG_20200520_212609_443.jpg


ウェブリブログ復帰をめざして
まずは画像の取り込み実験です。
悪戦苦闘しております・・・

スマホとPCの2台使いでいけそうですが
どのように表示されるのかがまだわかりません・・

記事内容は
FB及びインスタと重複いたします

約四半世紀前
私をオタク道へと導いた
32枚組のCD
歴史的遺産と思います。
ピアノロールのCD化

知らない曲がたくさんありました。
消えた佳曲といえるでしょう。

今ならば入手手段もありそうですが
絶版になっている楽譜を求めて
雑誌に投稿もしました。
投稿をきっかけに
色々な出会いがありましたね。

楽譜探し
始めの一曲は

モシュコフスキ作曲
ポロネーズ作品17-1

演奏しているのはゴドフスキー

本年は
ゴドフスキーの生誕150年
ベートーヴェンの生誕250年に隠れているようですが
ゴドフスキーもまた
優れたピアニストであり
作曲家ですね

ジャケット左側の男性がゴドフスキー

右はなんと!!
少年時代のチェルカスキーです
(チャーミングなピアニストでした・・
かわいいおじいちゃま、で認識されている方が多いかと思われます)

ゴドフスキー生誕150年の今年
オタク道のきっかけ第一号
モシュコフスキのポロネーズをリハビリしております。

消える曲には消える理由がある

オタクをしてきた私の実感です。

でも
好きなものは好き、ということで
失礼致します。

オタク関連は
かつてウェブリでは発信を差し控えておりました。

今は削除してしまった別ブログにて
盛んに発信しておりましたよ
但し、メンバー限定でしたが。

今回
画像貼り付け実験ということで
あえてしたためてみました。

失礼致しました。

緊急事態宣言が
全国的に解除されましたが
決して楽観できる状況ではない、と
個人的には認識しております。

本当に安心できる生活、が戻る日を
心よりお祈り申し上げます。

永らくご無沙汰いたしました

前記事から3年以上経ちました

皆さま
お変わりなくお過ごしでしょうか?

世の中が大変な状況になってしまいましたね。
どこで何を間違えてしまったのか

こちらを放置している間に
本当に色々なことがありました。
それをこちらでアップすることはありません。

ただ
最近再び、皆さまのページに時々お邪魔するようになりました。
わたくしにも投稿する能力が残っているかしら?という興味から
したためてみることにしたのです。
1545742281725.jpg


画像の貼り付けにチャレンジしてみました。
アップされるかどうか・・

何かがうまくいきそうならば
また投稿をしてみたいと思います。

緊急事態が継続すれば不自由
解除されれば不安

仕事にも影響は出ておりますが
とにかく生存しております。

一日も早く平穏な日々が
世界に戻ることを
切に祈っております。

実験投稿
失礼いたしました。

浪漫ですね・・

こんばんは

取り急ぎのアップです。

心身ままならぬ日々に翻弄され
またウェブリ無精になっておりました。

前記事の澤田氏について
少し調査が進みました。

という段階で不慮の事態が起こって中断・・

実は、過日入手した中古CDが手元にございます。
ジャケット写真を掲載することは
あまりにも危険です。
私は、「思想的なコメント」は求めません。
思想的なコメント、を誘発するジャンルですから・・

画像・・メッセージで送れるかしら???

とにかく・・

澤田氏のお名前がクレジットされたCDがありました。
短い1曲に対し
歌い手が2名
ピアニストが2名

ピアニストのひとりが澤田氏なのですが・・
謎が深まりました。

その「1曲」は
ピアノソロに続き
間を置くことなく歌入りの演奏に入っています。

最初は
ソロを弾いたピアニストと
伴奏をしているピアニストのどちらかが澤田氏???と
思ったのですが・・
入れ替わる余地もない感じです。
念のためですが
連弾で弾くような伴奏ではありません。

少なくとも澤田氏は
当時としては
歌にピアノに作曲に、とマルチだったようですので・・

ちなみに、その録音は
大正時代のものです。

浪漫が拡がりますね。

取り急ぎのアップでした。

かつて存在した作曲家

画像









画像








画像
































ご無沙汰致しました。
各サイトの進化に対応出来ず
あちこち半ば放置しておりましたが、
久しぶりにこちらにアップ致します。

時々
皆様のページにはお邪魔しておりました。
このあともお邪魔致します。
3か月以上放置していたのに
アクセスレポートを拝見すると・・
ご訪問下さっている方々がたくさんいらっしゃったことに驚きました。
ありがとうございます。

さて・・・

手元にある3曲のピアノ曲。
1曲は未完成と思われます。

作曲家・澤田孝一氏について
何かご存じの方がいらっしゃいましたら
情報をお願い致します。

なぜこの楽譜が手元にあるかといいますと・・

かれこれ30年以上前に(古い!!)
大学の後輩に依頼され
これらのピアノ曲と
歌曲を数曲(この楽譜は手元にありません)を
大学にて録音したのです。

経緯はよくわかりません。
声楽専攻の学生ふたりが
何らかのルートで引き受けてきて
歌曲の伴奏及びピアノソロを私に依頼してきた、
ということは確かです。

依頼主は
澤田孝一氏の・・・
ご家族か?ご遺族か?ご子孫か?
そのあたりは
引き受けてきた後輩達もよくわかっていないようでした。

私は頼まれるままに練習し
録音し
謝礼を頂きました。
依頼主の方にはおお会いしていませんが
とても喜んでいらっしゃった、とお聞きしました。

長年開くことがなかった楽譜ですが
かつて存在していた作曲家、ということで
突然気になり始めた次第です。

カルチャー等で古い歌をどれだけ伴奏してきても
その方の曲には出会いませんでした。

しかし、手元にあるピアノ曲のうち
2曲は出版されたもの、と思われます。
手書きではありませんし。

今なら「行進曲」と表記されるものが
「進行曲」となっていることも
古い時代を思わせます。
曲調も・・・

最近ちょっとわかったことですが、
(同姓同名でない限り)
明治30年代の後半から
演奏会のプログラムや出版物に
そのお名前を見ることが出来ます。
おそらく、東京音楽学校(現・東京芸術大学)で学んだ方なのでしょう。

生没年一覧に辿り着きましたが
18??~19??となっていました。

2016年版の「実践女子大」の資料によれば
実践女子大の校歌は
下田歌子作詞
澤田孝一作曲
となっています。
これは楽譜が掲載されていました。

歌曲のタイトルも見当たりますが
楽譜には辿り着けません。

別に今更何を???という話です。
しかしながら
若気の至りで面白半分に引き受けて
面白半分に録音したことが
心残りなのです。

依頼主さまはどんな思いで依頼されたのか
間接的に依頼されただけの私は
そういう気持ちに向き合うことはありませんでした。

結果として喜んで下さったのだから
どうでもいいじゃないの!
って思われたら
速やかなるご退室をお願い申し上げます。

どうでもいいじゃん!っていう感覚が
私にはあまりありませんので・・・

馴染めない曲調に戸惑いながら録音したことが
今頃になって悔やまれます。
一つの時代を越えていく時には
音楽上の試行錯誤も当然生じます。
成功してもしなくても
大切な過程を担ったおひとりではなかったのか・・・

そんなことを考えております。




変なところが生真面目なようです

皆さま、こんばんは

復活する詐欺
引っ越しご挨拶詐欺
様々な詐欺の主犯・ベラでございます。

気持ちが二転三転、というよりは
状況が色々変化し
対応しきれない、というのが現状でございます。

8月末に、娘がここを借りる形でアップした記事は
本人の意思で削除致しました。
コメントを下さった方々に
お詫び申し上げます。
お返事もしないままに削除、ということで
申し訳ないことでございます。

別ブログは書きなぐり形式で時々アップし
FBは主に閲覧

こちら(ウェブリ)のブロ友さまたちの状況も
覗き見しただけでも様々であることが想像出来ます。

どこをどのように整理すればよいのか・・・

思案しております。

お弁当の画像が溜まりに溜まっております。
多分・・・インスタに写真だけ載せれば簡単なのかなあ???
それをFBと別ブログに連動させて・・???

スマホ入力が嫌いなので
あれこれ制限が出ますね。

面倒になる→放置
という状態を
とにかく整頓しなければ・・・・

いなくなったことにして
このまま放置すれば
別に誰にも迷惑はかからないのでしょうが
けじめはつけなければいけない、と思うのです。
そのあたりは変に真面目なのかもしれません。

ある時期から一切が止まっているブログは
沢山見て参りました。
フェイドアウトを匂わせて
ある日更新もコメントも止まる

おつきあいがそれなりにあった場合
結構な気がかりになりますね・・


どうすればよいのやら・・・


SNSよりも
リアル優先になっておりますので
ちょっと時間がかかりそうです。

あ~~
放置しても
誰も気にしないでしょうに!!!

とりあえず
生存確認の意味で
ここに足跡を残しますね。
失礼いたしました。

あな、おそろし・・

こんばんは

台風の被害に遭われた方々に

お見舞い申し上げます。

当地は空振りに近い状況でした。


さて・・

我が家の裏庭には

何と言う名前なのか??

夫が取り付けたライトがあります。

ええっと・・

人や車が近づくと点灯するもの・・

センサーのような・・


当然、通過して離れればライトは消えます。

いつもはそうなのです。


しかし・・

最近のある日

点灯したまま、どうしても消えない日がありました。


車が停めっぱなしで絶妙な位置にあるのか?と思い

様子を見に行きましたが、そういう車はありません。

誰かが立っている、ということもなく(いたら怖いし・・)

いつもと何も変わらない光景です。


もしかしたら・・・

この街灯が絶妙な位置にあるのかも??


としたら、気づかないだけで昼間も点灯しているのか??


結局その日は

少なくとも起きている間は

点灯したまま消えませんでした。


翌日昼間

気になって何度も見ましたが

正常に作動しています。


そして・・

夜も正常に・・・


たまたまあの夜

何かが狂ったのでしょうが・・


言う人は言うのですよ。


「誰かいた??????」


ぎゃ~~~~~

やめて~~~~~


まさか

どなたかが・・・・

いたとしたらどうしましょう・・・・・


信じる、信じないは別として

一生見たくないものね~


センサーの誤作動、だと思いますが

気味が悪うございました・・・


お弁当の画像が貯まっていましたね。

夏休みもあと少しで終わりです。

また早起きしなくては・・

今は少しゆっくり寝られるのが嬉しいですね。





画像












画像



















画像


















画像















画像

ご挨拶詐欺・・・(お恥ずかしゅうございます)

皆さま、こんばんは

8月12日付けで
メイン・ブログ変更のお知らせをしたベラでございます。
画像の貼り付けが難しい、というのが理由でした。


ところが!!!!!
やっと理解出来たのでございます!
スマホに変えて以来うまくいかなかったことが
やっと容易に出来るようになりました。
盲点があったのです。
メカオンチ・ベラ、ここにあり!!


ということで
ご挨拶詐欺になってしまいました。


まあ・・
お越しくださる方も少ないので
ひとり消えても問題はなかったのですが・・

とりあえず
最近の別ブログを3件転用します。
長くなりますが・・・


8月11日
「新しいランチボックスの試行錯誤」




昨日の実験。

娘が好きな「すみっこぐらし」の3点容器の

小と中で一人分

これ、最近の娘のお弁当。

更に、私の分を大に。

わかりにくいですが

奥の容器が「大」です。

中とほぼ同じおかずを詰めると

ご飯は子ども茶碗に半分入ります。

手前左が小。

茶碗軽く1杯を6個のこむすびにしています。


下の画像はその前日

娘が予備校に持って行ったものです。


こむすびは手間がかかりますね。

今は夏休みだからいいけれど

学校が始まると大変かも・・

いえいえ!

ちゃんと方策を検討中ですよ。

今度実験します。


お盆絡みでお休みの方も多いことでしょう。

お身体にご留意され

よいお休みをお過ごし下さいませ。

わたくしは、本日は休みですが

明日は仕事です。

13日からは夫が帰ってくるので

わあ!大変!!!

家族が休みの時

主婦は忙しい!!

あ~~練習したいなあ・・・


本日の戯れ言でした。



画像










画像





























8月14日
「休暇」



夫が13日から帰省しています。

第二東名のおかげで、渋滞にもならず・・

昼はパスタ。

最近、夫の食欲にムラがあります。

全盛期より落ちていることは確実です。

まあ・・世の中の皆さまと比べれば大食いですが。

パスタが余ると面倒・・ということで

3人家族で4人前作ったら

全然足りませんでした。

追加して茹でたり

何か見繕って出したりして・・

私は殆ど食べませんでした。

でもいいのだ!


夜は家族で焼き肉屋さんへ行きましたよ。

はい、たくさん頂きました。


14日はそれなりに過ごしましたよ。

いつものごはん。

野菜たっぷりです。

画像はありません。

ブログは夫に内緒。

以前、写真を撮ったら怪しまれたので・・


夫婦で庭の草取りをしました。

大きな草を二人で取り

その後、私は小さな草を抜いて回り

夫は除草剤を撒きました。


終わってみれば・・

1時間も経っていませんでした。

ふたりでやると早いのね~


外が嫌いな私は

草取りをシルバー人材派遣さんに依頼していました。

夫が自宅通勤の時は夫がやってくれましたが・・


しかし・・

当然ながら気づいたのです!


いつに間にか

シルバーさんにお願いする側、ではなく

シルバーに近づきつつあることを!!!!


いずれ来る年金生活!!


ということで、この数か月、自力で頑張っていました。


すると・・

なんということ!


夫が・・

「ベラちゃんがもっと作業しやすくなるように」、と

グッズを買ってきたのです。

画像はありません。


こりゃたまらんわ~

これでは、また

私一人に押し付けられることが増えてしまいます。


単身赴任だから

帰ってきたときにあれこれやらせるのは気の毒

(まあ・・毎週のように帰ってくるけれどね)

と、今は「殿」にしていますが

「習い性」になっては困ります!


一緒にやろうね~~~と誘導し

共同作業となりました。


ふたりでやれば

こんなに早く出来るのね。


ふと思ったのです。


こうして・・

老後、は一緒に歩いていくのかなあ??


ごはんの量も、だんだん「普通」に近づいてきているし・・

何をどれだけ作ればいいの???という恐怖も

今になくなるかも・・・


願わくば

定年退職後

お昼はお弁当にして頂きたいものです。

お弁当を作っておけば、各自自由

これは是非容認してほしい

まあ・・まだ先ですが。


画像は12日の、娘と私のお弁当

夏休み中

お弁当を食べる時間は一緒とは限りません。

娘は予備校に持参することもあります。

お互い自宅にいても

自分の都合で食べています。

一緒になることもあります。

高校があるときのように

昼食を一緒に、ということにはこだわりません。


手前のお弁当が私の分。

何年か前に一目ぼれしたお弁当箱。


購入をためらっているうちに

売れ残りで半額に!


おかずは娘とほぼ同量

こむすびは娘が6個、私が4個

これも実験の一環です。


余談ですが・・

この文章をコピーし

ウェブリのページに張り付ければ

文章のアップは出来ますね。

でも・・

やはり、画像の貼り付けがやりにくいのですよ、あちらは。

ガラ携の時は楽だったのにね・・


本日もまたまた戯れ言でした。

佳い一日をお過ごし下さいませ。




画像























8月16日
「休暇終了」






夫の休暇が終わり、

再び赴任先へ。



昨日昼、

久しぶりにお好み焼きを食べたい、と夫。

我が家にはホットプレートがありません。

また、テーブルクッキングをすると

周辺が汚れる、という抵抗感もあります。


調理は換気扇の下で!

まず夫の分を一枚焼きました。

直径20センチくらい、ふっくら焼けました。

一口食べて「うまい!!!」

あら、ありがとう。


二枚目は娘に。

すっかり満腹。


その間にまた夫の分を焼きます。

夫が食べている間に累計四枚目。


ベラちゃん食べれば?と夫

おお!成長したなあ!

(って・・・・・・・・)


しかし・・

腰を落ち着けて食べると

次を焼くのが嫌になるから

どうぞ!

この時点で夫は三枚目。


もういいかなあ~

と、私の分を焼き始めました。


すると夫が

「もう一枚食べろ、って言うなら食べてもいいんだよ」


は?????????


あの~~~~~~


もう!仕方ないわね~


出来上がった私の分(の筈だったもの)

「もう一枚いかが?」


まあ~嬉しそうなこと!


仕方なく、余った材料だけで自分の分を焼きました。


お好み焼きが久しぶりなのは

これがあるからなのです。

天ぷらも、ホットサンドイッチも

同じ理由で消えて久しい・・


でも、まあ・・

喜んでくれたからいいかしらね。






今朝はお弁当みっつ

画像



















右側は私のお弁当箱

容量は娘のものとほぼ同じ

ご飯は子ども茶碗軽く1杯分ですね。


画像

















う~~ん・・・

やはりコピペして

ウェブリにもアップしたいですね。

しかし・・

画像が・・・


本日の戯れ言でした。

皆さま、よい夢を!!





以上です。
御覧下さいまして
ありがとうございました。
長々と失礼致しました。
お恥ずかしいご挨拶詐欺の戯言でした。
よい週末をお過ごし下さいませ。













お知らせとご挨拶

皆さま、こんばんは

遅ればせながら、残暑お見舞い申し上げます。

しかしながら・・
最早「残暑」とは言い難いですね。
どうぞ、ご無理なさらずに
ご自愛をお祈り申し上げます。

さて
わたくしベラは
ブログの拠点を
こちらウェブリから→別館へ移すことに致しました。
理由はひとつ「メカ音痴」

ガラ携時代にはあまり感じなかったのですが
スマホに変えてから
こちらへの画像貼り付けが
困難、というよりは面倒なのです。

早い話が
私の知識と技術では時間がかかる、ということですね。

ついつい
こちらから遠ざかってしまいました。
復帰する復帰する詐欺!

そのような事情で
今後は別の目的で持っていた別ブログを
メインといたします。
画像の貼り付けが楽なのですもの・・・


こちらウェブリは閉鎖しません。
皆様のページにお邪魔し
気持ち玉やコメントを残す為に。

もしお気持ちが向かれましたら
お遊びにいらして下さいませ。
何も気遣うことなく
レイアウトもめちゃくちゃに
書き殴っておりますが。

ベラの戯れ言別館
http://ameblo.jp/ohenchan/

お待ちしております。


遥か昔のような気がします

皆さま、こんばんは

復帰するする、と申しつつ
なかなかウェブリに戻れないベラでございます。

前記事にて簡単にしたためたように

スマホが壊れました。
メールは基本的にPCから
gmailを使っておりますので
そこから発信しまくりでした。

「お電話番号を教えてください!」

詳細は略しますが
壊れた翌日夕方には
全て復旧いたしました。
ただし・・・
写真は全て失われました。

ブログやFBにアップした写真以外は
取り戻す術がないのです。
かわいいかわいいほっぺ写真集も・・・

私がブログを始めた頃は
お弁当や食事、のアップが主でした。
一時は「リサイクル・ベラ」を名乗っておりましたね。

それはもう・・
遥か昔のことのような気がします。

今回のスマホ破壊の難を逃れ?
たまたまFBにアップしてあった写真がございます。

5月中旬
夫が帰省しなかった週末の
私と娘花車のそっくりさんの昼食です。

これが・・・
確か・・
お相手によっては激怒されそうなお弁当、だった筈です。













画像







知らない方がいいことって
あるかもね・・・


詳しいことはもう忘れました。
残り物をリサイクルしただけのお弁当です。
その時にメモしておかないとダメですね。

この写真は
前のスマホが壊れる前に撮ってアップしたものなので
向きが正常です。


このあといくつかの画像は
なぜか横向きです。

壊れたスマホと今のスマホは
同一機種です。

撮影する時の設定に
ちょっとコツが要るのですが
交換してからさきほどまで
そのことをすっかり忘れていました。

コツを心得て撮ったリサイクル弁当(過去のFBから操作して取り込んだ)は正常な向き
後の画像は
コツ、のことを忘れていたため
何をどのようにしても横向きにしかアップ出来ません。

平安美人が大好きな私が
パッケージだけで衝動買いした卵のパックと
最近のお弁当を少しだけ
横向きでごめんなさい。

卵パックの平安美人ですが・・・
もっとほっぺが大きいほうが好きです!

でもね・・
まあ・・
上品に描かれているので「合格!!!」



6月12日
大きなコンサート本番を終えました。
ソロ、連弾、伴奏等・・・
とりあえず、ほっとしております。

26日にも伴奏を控えております。
狭い範囲ですが
電波に乗ります・・

アップ出来ないことも色々ございました。
また、色々ございます。
過去形
進行形
共に、ですね。

仕事を通じて御縁を頂く方々から
たくさん学ばせて頂いております。

改めてアップしたいと存じます。

まずは
SNSも
断捨離、が必要ですね。























画像














画像











画像


画像


















リア友さん、準リア友さんに緊急連絡です(番外編)

こんにちは

突然ですが、スマホが故障しました。
ラインが当分使えません。
また、PC内のアドレス以外は消滅しました。

リアルにつながっている方々にお願いです。
お電話番号を教えて下さいませ。
今も代替機がございますので
連絡を受けることには問題ありません。

よろしくお願い申し上げます。

別ブログのコピーです(炎上はご容赦下さいませ)

テーマ:戯れ言

熊本が大変なことに・・・

犠牲になられた皆さまのご冥福をお祈り申し上げます。

被災された方々にお見舞い申し上げます。


巨大地震が来る、来る、と言われ続けて40数年

微妙に回避し続けている静岡県

そろそろ限界かも・・


天災だけではありません

不慮の事態、はいつでも誰にでも起こり得るのです。

後悔がないよう

今を明るく、今を楽しく

最後に別れるとき、またね!と明るく

(喧嘩別れしないよう)

それだけを心がけております。


それなのに今

このタイミングで

喧嘩を売るのか????


アメンバー限定にしてはありますが

ご不快に感じるであろう、というアメンバーさんは

何人か予測出来ます。


喧嘩を売るのではありません。

ひとつの見解、を知って頂きたいだけです。


とてもとてもご不快に思われたならば

す~~~~~~っと

アメンバーを解除して下さいませ。


以下、テーマです。


1(順不動です)

戸籍は男性、心は女性、の方が訴えていましたね。

女子トイレを使えないのは差別だ、と。

職場では特定の女子トイレの使用を許可していました。

しかし、他の女子トイレも使えないのは差別だ、と主張していました。


2(順不同です)

渋谷区が、同性カップルの婚姻を認めましたね。

渋谷区に移住して晴れて入籍した皆さま、おめでとうございます。

一方で・・

他の市町村区でも認めないのは差別だ!と主張している方々もいますね。


3(順不同です)

何らかの障礙を抱えたお子さんを

何が何でも普通学級に!と訴える親御さんたち・・


4(順不同です)

避難所にペットを連れて行く人々

大切な家族だから、と。

一方で

ペットをつれてくることに反発する人々


関連性がないとお感じですか?

いえ・・

あえて申します。

あります。


「ご自分の立場しかお考えではありませんか??」


1→心は女性、のあなた様がお使いになれる女子トイレ、は確保されています。

他の女子トイレにあなた様が出入りされることに対し

抵抗がない方もいらっしゃるでしょうね。

でも、従来の性が男性である以上、あなた様が女子トイレをお使いになることに

強い抵抗を示される女性もいらっしゃるのです。

どうでもよいことですが、わたくしは抵抗なく受け容れられます。

しかし、そういう人ばかりではありません。

それを「差別」とおっしゃるならば、

「相手がどう思っているか」客観的にお考えになる目、をお持ち下さいませ。


2→多くの場合

御本人にはどうしようもない事情で

そういう結果に至った、と伺っております。



一般的な通念に「なじまない」ことが

ご本人には致し方ない理由によるとすれば

どのように申し上げればよいのか・・・


いずれにせよ

「なじまない」と感じる方が圧倒的に多い現状で

「何もかもこちらを認めろ」とおっしゃいますか??



余談ですが

わたくしはかつて「相談がある」と深刻な手紙を受け取りました。

彼は会いに来ましたが「やはり話せません」と言って帰りました。

性格の良い美男子

まさか・まさか・・人妻と道ならぬ恋????


心配していたら手紙が再度届きました。

は???

な~~んだ、そんなこと・・・・・


ええ・・

男性だけれども男性にしか・・・

(以下省略)

それを理由に彼から去った人はいませんでした。

なんだ、そんなこと!

それが彼の人徳だったのだと思います。


3→これは誤解を招きかねないですが・・

より良い成果(それぞれのお子さまにとって)めざすための方法

それが「普通学級」での教育であるならば

何も申し上げません。

学校全体で頑張っていただきましょう。



しかし・・

「そのお子さんがより良い状態に至る」ための教育と

生徒全体の教育

同じ、でいいのですか?



ひと、としての価値は同じ

尊厳は等しい



であれば尚更

何が大切か

何が必要か

それを考えて頂きたいのです。



時間がない!だからせめて他のお子さんと・・

という切羽詰まった事情に口を出すのではありません。


「親の思い」は常にお子さんにとって正しいのか??

私にも娘がありますので、色々考えます。



4→これは・・・はばかられる話です。



災害が起こりました。

「この子は大切な家族です!」籠の中には蛇

「生きる権利があります!」鰐を連れたご婦人

「この子は何も悪いことはしないよ!」だっこされたサル

「よしよし・・こわかったねえ」おばあさんが猫に話しかけます。


災害が起こりました。

動物園が壊滅

ライオンやトラが逃げ出し街をうろつき・・



あなたの目の前に!!!!!!!!


冷静でいられますか?????

相手が虎でもライオンでも

猛獣といわれる動物があなたをめがけて走ってきたとき

あなたは冷静でいられますか?


きゃ~~~~~~と叫んで逃げ惑うのではありませんか??


あなたは避難所に連れてこられた「蛇」を

この方の大切な家族だから、と受け入れられますか?


逃げ出して向かってくるライオンを「同じ命だから」と悠然と待ちかまえられますか?


理想は、ペット連れの方と連れていない方

避難所を分けることでしょうね。


犬が飼い主に見捨てられ

不安な日々を過ごした

ええ・・かわいそうです。



一方では

避難所の犬の鳴き声に怯え、震えている避難者もいるのです。



うちのペットはかわいくて癒されて・・

この子「だけ」は悪いことしない

この子がこわいなんて頭おかしいわ

そうお思いですか?


「この子」が何もしなくても

犬の存在だけで怯える人間もいるのです。



避難所は分けておきましょう。


それが無理ならば

愛犬家の方々は

犬が怖い、という人間の存在を認めて頂かなければなりません。

こんなにかわいくて優しくて癒されて…何が怖いの??????と

おっしゃるならば

再度申し上げます。



あなたは

「家族だから!」と避難所に連れてこられた鰐や蛇を

快く受け入れますか????


これ・・

炎上覚悟で

やはりウェブリにアップしよう・・・

あ!炎上するほどのお客さまもいないかwwww





環境整理???

皆さま、こんばんは

気づいたら、前記事からもうひと月半・・・

FBが使いにくくなっています。
調べてみて、原因はわかりました。
環境を変えれば治るようです。
しかし、面倒です。

ここしばらく
簡便なFBにメインが移っておりました。
スマホから画像を投稿→PCから文章を打って投稿
(スマホでの文字入力が苦手です)
という手順を踏んでおりました。

しかし
1月の半ばくらいだったでしょうか・・・
FBで文章を打とうとすると
文字が消えたり
変換が出来ない
という現象が起こり始めました。

不思議なことに
コメント欄は何の支障もなく打てるのです。

スマホで記事を打つことにも
支障はありませんが
とにかくスマホでの文字入力が嫌い!!

改善する方法は
ネットで調べたり
ご意見を頂いたりしましたが

わからな~~~い!!


FBは思うように打てないし
ウェブリは・・・といえば

実は

実は

しつこい!!!

はい、ごめんなさい・・・

「携帯からの下書き投稿」のやり方を忘れていたのです。
もう随分長く・・


画像を携帯から下書き投稿→編集してアップ

その方法を忘れてしまった、と言うべきか
出来なくなった、と思いこんでいた、と言うべきか・・

ですから
「したためるのも面倒なやり方」
やっとのこと、画像を添付し
たまのたまに記事をアップしておりました。

そりゃ、ウェブリから遠ざかるでしょうよ!!

というわけです。

FBが使いにくい
改善策のアドヴァイスも頂いたけれど

ウェブリの忘れていた部分が復活

というわけで
メインはこちらに戻るかなあ????

娘花車のそっくりさんにも相談しましたよ。
推奨される環境への改善は
やってくれる、と言ってくれました。

しかし・・
話し合って、結論は「現状維持」
変化した環境に適応するよりも
ウェブリをメインに戻した方が
私のストレスが少ないですね。

FBはごく短文でスマホから
コメントはPCで問題なく打てます。

メインはウェブリ

といっても
亀更新ですが・・

画像貼り付けの方法を思い出したので
また気楽にアップ出来るかと存じます。

近日中に
皆さまのページにもお邪魔いたしますね。







画像














最近お気に入りのカフェにて


先日、とふたりで頂きました。

おいしい!!!!


マスターの丁寧なお仕事
秘かに拝見いたしましたよ。
カウンター席、大好きです。

お店は、いつ通りかかってもご盛況です。

え?どこにあるか教えろ、ですって???

ええっと・・・
メッセかメールを頂ければ
お教えいたします。
相変わらず、こういうことにはビビりのベラでございます・・・





ご訪問頂き、ありがとうございました。
よい連休をお過ごし下さいませ。
























おめでとう

画像

















娘花車のそっくりさん
受賞致しました。


24日、担当の先生と共に東京へ。
表彰式説明会と会食。
高校生だからバイキングかと思いきや
豪華なフルコースだったそうです。
スイーツとドリンクの二次会つき・・

部屋はツインルーム
保護者が同伴する場合(保護者のみ自費)に備えて、ということのようです。

朝食の後表彰式
その後激励会と立食による昼食を経て解散

あの・・・
すみません・・・
全て主催者負担でした。
なんだか申し訳ないですね・・

賞状と盾
そして某有名ブランドの
万年筆とボールペン

こんなに豪華で
本当に申し訳ないことですね。

地方新聞の取材を受けた、と娘
いつ載るのかな?
我が家は全国紙なので
地方紙を購読されている方にお願いしました。
載ったら教えて、と。

朝早く
依頼した方とは別の方からメール

あらららら!!!!

を駅まで送り
その足で地方紙を購入しました。

FBでも
メールでも
電話でも
たくさんの方々にお祝いのお言葉を賜りました。
ありがとうございます。

当の娘
「いとはづかし・・・・・・」
扇で顔を隠し・・・てはいません。
しかし、そういう心境のようです。

夏休みの課題として
さらっと読んで
さらっと書いた
手直しなし
先生のペンも全く入らず

ということだそうです。

しかしながら
良い思い出になったことでしょう。
緊張しながら頂いたフルコースも・・・

は週末
雪を警戒して、赴任地に留まりました。

私は「ひとりの日曜日」を

ごめんね~~~~
堪能してしまいましたわ~~

ポトフを仕込む
布団やシーツの手入れ

このふたつをしながら練習をし
残り物で適当に食事
今度は音源を聴きながらの勉強


月曜日の朝は
夫も娘もいないので
目覚ましをかけずにゆっくり寝ました。
はい、ごめんなさい・・
「本当は世界一寝たい怠け者主婦」のベラでございます・・

ご訪問賜り
ありがとうございました。
寒中、ご自愛下さいませ。


おでんはお好きですか?

皆さま、こんばんは

全国的な寒波到来!
雪が降らない当地にて
寒い寒いと言ったら叱られそうですね。

複数したためたいものはございますが
本日は「おでん」

ええ・・
寒い日に
身も心も温めてくれるおでん

「おでんはお好きですか?」

わたくし・・
実は、ある時期までおでんが嫌いでした。
要するに「実家のおでん」が嫌いだったのです。
でも・・
素麺のようなトラウマはないので
嫌い、といえども普通に食べていましたよ。

実家のおでん・・
それは父仕様でした。
母はおでんにこだわりがなかったようです。
流儀が異なる食べ物に関しては
時折愚痴も聞かされました。
しかし、おでんに関しては
「流儀違いの愚痴」を聞いた記憶はありません。

最近マスコミで見かける
大嫌いな言葉





しぞーかおでん

しぞーか、じゃないから!
しずおか、です!!!

すみません・・うるさいおばさんで・・

静岡おでん
苦手なのですよ
濃い色に煮込まれ
だし粉と青海苔をかけるのでしたっけ?
実家ではそうではなく、鰹節をかけていました。

食べてはいましたが
好きではありませんでした。

もうひとつの疑問は・・
「なぜ串に刺さっていないのだろう?」
これ・・子ども心に大きな疑問でした。
おそ松君の見過ぎですって??
ええ・・・
まあ・・・・

後年、母に話したら
「言えば刺してあげたのに」と言われました・・

疑問はともかくとして
好きではない食べ物のひとつ、がおでんでした。

実家で作るときは実家仕様
結婚してからは
「流儀の違いがあると面倒」なので料理本を見て、それに従いました。


娘花車のそっくりさんを出産し
暫く経ったある日
夕飯におでんを仕込みました。

仕込んで間もなく宅配便が届きました。
友人からの出産祝いでした。

食事の支度が一回でも楽になるように・・・
という心が伝わってくる嬉しい贈り物

お魚(味付きで、焼けばいい。しかも冷凍出来る)各種と
「煮るだけのおでんセット」

わお!おでんかあ!!!!
今仕込んだところ!
気が合っちゃったわ~~~

おでんならば翌日も大丈夫!
鍋を変えて、送られてきたセットも
直ちに仕込みました。

ん?????
出汁が澄んでいる・・・・

出汁が澄んだおでん?????

初めて見ました。
仙台のおでんです。

以来・・・
拙宅のおでんは
出汁が澄んでいます。
おでんって
出汁が澄んでいてもいいのね~~~

そしてベラは
おでんが大好きになりました。
家で作るおでんね。

さて・・・
おでんって
お雑煮のように地域によってかなり違うのでしょうか?
出汁の味や具材や・・・

皆さまの地域では
どのようなおでんを召し上がっているのでしょうか??
情報をお待ち申し上げております。

別件です。
①別件、や余談、に類することに関し
今までは小文字を使用することが多くございました。
本文と分けたい、という意思からでした。
しかしながら・・
「見えない」というご指摘を頂いたので
別の分け方を考えます。
私自身は、近くだけはよく見えるので、うっかりしておりました。
近くが見えにくいお客様、今までごめんなさい!

②ご訪問ありがとうございます。
コメントはウェブリ会員限定にさせて頂いております。
コメント出来ない、とのご苦情を時々頂きますが(リア友さんですね)
ご容赦下さいませ。
もしよろしければ、発信されなくともアカウントだけお作り頂ければ・・・
まあ・・面倒なことでしょう。
メールをお待ちしております。

③ご訪問下さる皆様のページには
返礼訪問をしております。
勝手ながら、お姿が判然としないお方の場合
拝見させて頂くのみで失礼する場合がございます。

🌸ネット上で開示しても差し支えない程度のプロフがない
🌸記事をいくつか読み込んでも、実体が見えてこない
🌸敢えて言わせて頂くと、危険な要素を感じる
🌸何かのサイト、と勘違いされているらしい

そういった場合は
ご訪問くださったことに感謝しつつ
そのまま失礼しております。
ご容赦下さいませ。

これらのことって
今までは小文字だったのですが・・
なんだか大仰ですね。

では本日はこれにて
失礼いたします。










きつねとたぬき

皆さま、こんばんは

最早「大昔ブログにいたかもしれない」人、
となりつつあるベラでございます。

ウェブリをなかなか開かなくて・・
開けない?開かない?
まあ・・どちらでもよいことでしょう。

「別ブログ」または「フェイスブック」へのご案内は
メッセージにて承ります。
但し・・申し訳ないのですが
ウェブリブログにて、またはリアルにて、
一定期間ご交誼賜っている御方、とさせて頂きますね。

皆さまのページへは
明日以降近日中
お邪魔致したいと存じます。

きつねとたぬき・・・

本日の「きつねとたぬき」は・・
単なる食ネタです。

きつね
たぬき
うどん
そば

これらを組み合わせる時
地域によってこんなにも違うの???
という話はよく聞きますよね。

静岡県中部地方で生まれ育ったベラは
「きつね=油揚げ」
「たぬき=天かす」で
それぞれうどんかそばを伴う
という感覚です。

きつねうどん、ならば
油揚げを伴ううどんで
たぬきそば、ならば
天かすをあしらった蕎麦

亡き母は滋賀県から来ました
亡き父の親族に「お披露目」をした時に
提供された「澄まし汁」に驚愕
続いて、用事周りのついでに入った蕎麦屋で
更なるショックを味わい
「とんでもないところに来てしまった」と思ったそうです。

澄まし汁は真っ黒(父の実家は農家です)
そして・・
「たぬき」を注文したら・・
見覚えがないもの、が出てきたのだそうです。

真っ黒いおつゆにそばが入っていて
天かすが盛られている・・
これ何????

そうです・・
母の郷里、滋賀県某所では・・

油揚げを乗せたうどん=きつねで
それをあんびきにしたもの=たぬき
だったのです!!!

すなわち、母は
あんかけの油揚げ乗せうどん、を注文したつもりだったのに
天かす入りの蕎麦が出てきた!!
母が受けたショックを思うと・・
申し訳ないけれど、笑えます。

お店によっては「うどんか蕎麦か」の確認をすると思いますが
それもなかったのでしょうか?


たぬき
きつね
油揚げ
天かす

地域によって
どのような組み合わせがあるのでしょうか?
ご教授頂ければ、幸甚に存じます。

余談ですが
実家の「おつゆ」は
物心ついた頃には
関西風になっていました。
母が徐々に手繰り寄せた結果のようです。

余談其の弐
もう・・30年近く前のこと
岩○、というお店にて

岩おろし=天かすと大根おろしをトッピングした蕎麦
温、冷両方あり

たぬき大盛=天かす&麺大盛(うどんか蕎麦かは不明)

店員さんの元気な声
「ホット岩一丁!!!」

店内の客が笑います。

続いて
「おおだぬき一丁!!!」


店内の客は
皆で大爆笑

見知らぬ人々が
理屈のないおかしさ、を共有していましたね。



謹賀新年





本格的なブログ再開時期は未定ですが・・


あけましておめでとうございます



皆さまに
幸せがたくさん訪れますように!




びっくりしたお弁当その他(センス皆無のタイトルでごめんなさい)

皆さま、こんばんは
またまたご無沙汰致しました

年内の演奏本番は終了致しました。
楽しいだけのものからハードなものまで・・
FBには随時アップしておりましたが
ブログは既に時期遅し・・・

次は来年となります。
準備中ですが、今のメインは大掃除!

実は11月半ば本番の「ハードな本番」がありました。
9月上旬に急遽決まった仕事でした。
例年、ぼちぼち大掃除を開始する時期です。

結論、大掃除が出遅れました。
追い込みに必死・・・と言いたいところですが
諦めの心境です。
捨てるものはおおかた捨てました。
洗うものも大体洗いました。
拭くところも大体拭きました。
それって・・
普段やっていることとあまり変わらないのですよね。

壊れた小さな家電を処理しなくては!
そうだ、それだわ!!

まだ整理しきれていない箇所もあるし・・

年賀状はこれから・・

まだまだやるべきことがありますね。

ええ・・練習、仕事も勿論やりつつ、です。


さて・・・「食の記憶」です。
必ずしも「年代順」ではないので、ご了承下さいませ。

びっくりしたけれど、
食べてみたらおいしかった、というお弁当です。

10数年まえ、知人にふるまわれたお手製弁当です。
お子さんのひとりが、当時高校生でした。お嬢様ですよ。
その朝、お子さんに持たせたものと同じお弁当、とのことでした。

メニューは・・
白米
焼きそば
うさぎりんご

以上!


びっくり!!

ラーメンライスやら
蕎麦やうどんとセットのかやくご飯やおにぎり
人気の「焼きそばパン」や「スパゲッティパン」
全て「受け容れない」わたくしですが
ふるまわれたからには
白米と焼きそばを同時進行するしかありませんでした。
二重炭水化物

ままよ!!!!

????

おいしい!!!!!

?????

今思えば
焼きそば自体がおいしかった、のでしょうね。


しかしながら・・
びっくりしましたよ、そのお弁当・・
商家かつ大家族のお宅なので
細かいことはしていられなかったのだと思います。

その知人には
もう一回お昼をごちそうして頂きました。
焼き魚、味噌汁、ごはん・・
よくある「家庭のごはん」でした。
湯がいた水菜に潰したトマトをかけたもの、が
とてもおいしゅうございました。
お子様方の大好物とのことでした。

大家族だから、でしょうか・・
お魚の切り身は小ぶりでした。
でも、それで十分でしたね。

大家族の食卓のよもやま話も伺いました。
忙しいながらも楽し気な・・


懐かしい思い出です。


そういえばね・・
「よそのお母さんのごはん」を食べたい、という知人がいます。
何かの「お礼」は何がよいか、と訊けば
「手料理がいいです!」

他家の食卓って・・
どういうものなのかしら??



大学在学中
友人数人と「持ち寄り飲み会」をしました。
その日は女性限定

色々な料理がありましたが・・
記憶に残るのはただ一点のみ

お互いに「煮物は一口だけ食べ
ほめもけなしもせず
二口目は食べない」

おそらく
各自作ってきたのは「自分の母の味」に近く
「実家の母親の味」以外は
お互いにおいしくなかったのでしょうね。

年齢を重ねた今は
その時に遡って
他家の煮物、を頂きたい気持ちですが
タイムマシンがないので・・
諦めますね。










更新も訪問も滞っておりますが
撤退は今のところは考えておりません。
ゆるりゆるりと・・
おつきあいくださり
ありがとうございました。

食の記憶の続きです

皆さま、こんばんは

皆さまのページへの訪問が
滞っております・・

少々お時間を頂ければ
幸甚に存じます。

ご交誼賜っている方々には
わたくしのおおよその世代はばれていますから
昔々のお話を致しましょう。


子ども時代
わたくしは発育不良児とみなされ
手作りのおやつで栄養補給するよう
母が指導をされました。
材料指定です。

従って
駄菓子屋で買い食いする、ということは
滅多にないことでした。

その影響もあったのでしょうか??
当時、一般的に出回っていたもの、に
魅力を感じなかったのです。

例えば・・
水で溶いて飲むと
舌が濃いオレンジ色に染まるジュース
なめると下が真っ赤になる、苺の形の飴
そういうものは
「見るもの」であって
食べたい、と思ったことはありませんでした。
兄が10円の籤で引き当てた、大箱いっぱいのガムは
少し貰いましたが
スカスカでした・・

母お手製のおやつのお供は
温かいスキムミルク

改良された現在の製品と違い
溶けにくかったですね。
だまと泡が苦手でした。

牛乳嫌いの母が
もったいないから、と
だまと泡を飲んでくれて・・・
きれいな部分を私にくれたことを

なぜ今、思い出すのでしょうか・・

おかあさん・・・ありがとう・・・










私の成長過程では
様々な変革がありました。

電化製品が続々と普及したし、
食への規制が厳しくなりました。

絵具を溶いたようなジュースが提示され
「おいしそうでしょう!でも、この色はね・・・」という指導が
学校で施されます。

は??
何がおいしそうですって??
私は冷めていましたね。

牛の絵が描かれた、馬肉の「コンビーフ」(?????)
そんなものもありましたね。

父が注文した「チキンライス」に鶏肉は入っていなくて
「ハムライスじゃないですか!」と父が抗議した、
ということもありました。

20年位前でも「蟹ピラフ」という名の「蟹かまぼこピラフ」に
東京で遭遇しましたが・・・







お惣菜も
今思えば、何を使っていたのやら・・

忘れられない記憶があります。
子ども時代のある大晦日の夕方

おせちもほぼ完成
閉店間際のたたき売りに出向いた母は
大好物の「白いんげんの甘煮」を買ってきました。
黒豆がおいしく煮えていたのですが
大好きな白隠元が欲しくなったようでした。
黒豆と白隠元??
お正月なのに???という突っ込みはご容赦くださいませ。

食べてみて、と母に言われてひとつ口へ・・


途端に


今でも覚えています
喉が焼け付くように熱い!!!!!

変な甘みと苦みが喉にひりひりとへばりつき
何杯お茶等を飲もうが
3日くらい抜けませんでした。

あの煮豆
何が入っていたのでしょうか????
おそらく、人口甘味料・・・

このテーマは
おそらく不定期に
暫く続きそうです。
よろしければ
おつきあいくださいませ。

その前に
皆様のページにお邪魔しなければ!

明日も佳い一日となりますように。
おやすみなさいませ。








さて、皆様はどのタイプでしょうか?

皆さま、こんばんは

滞りっぱなしの当ブログにお越しくださり
ありがとうございます。

別ブログにて
走り書きをしておりますが・・


前記事にもしたためましたが
突然の回想や感傷

その都度メモしないと
忘れてしまいますね


さて・・
「中食」という言葉がありますね。
お惣菜を買って、家で食べること、だったかと思います。

我が家も、たまに買うことがありますよ。
昔よりおいしくなっているなあ、と感じます。

昔・・
お惣菜は、本当に不味かった!!

ん????

亡母の料理がおいしいから
買ったものがまずい
私の料理が平凡だから
買ったものがそこそこに感じるということ????

今となってはわかりませんね・・



兄は、とても「いい子」でした。
買ったコロッケも黙って食べて
「お母さんが作ったほうがおいしいね!」

私は、前記事の素麺同様に
「おなかがすいていない」と言って
ひとくち食べて残すのです。
買ったコロッケ、まずかったわ・・

父は
「これ、かあさんが作ったんじゃないな。
お茶漬けくれ」


整理します。
買った、おいしくないお惣菜、に対して・・

①亡父タイプ「はっきり文句を言う。そして、二口めを食べずに、代わりを要求する」
②兄タイプ「全部食べる。そして、作った方がおいしいね、とほめる」
 (買ったものへのやんわりとした批判を含めて)
③ベラタイプ「文句が言えずに、食べずに逃げる」

さて・・・
皆様はどれに近いでしょうか???

今、母の立場にある私としては
それぞれのタイプの一長一短、を感じております。

そして
当時の父、兄、私
それぞれの思いを想像しております。

さらに
当時の母の立場や気持ちも
痛いほど想像しております。

さぞ大変だったことでしょうね。
過不足なく、家族全員を満足させるには
母が作り続けるしかなかったのですよ。
それも、粗食とはいいがたいメニューで・・


食の思い出
まだまだありそうです・












突然蘇る記憶~年のせいかしら????~

こんばんは

ひとつ、記事を削除致しました。
お越し下さった方
気持ち玉をつけて下さった方
ありがとうございました。

こちらを停止し
別ブログにご案内しようかと考えたのです。
しかしながら
別ブログを殴り書きしていると
こちらにしたためたくなるのです。

一つの問題は
なんだか画像の貼り付けがしにくいこと
そして
レイアウトに気を遣うこと

まあ・・
レイアウトがおかしくても
気にしなければいいのでしょうね。

さて・・「年」

最近「年」を感じるのです。
更年期症状だけではありません。

唐突に「過去の出来事」を思い出すのですよ。
全く忘れていたことが
何の脈絡もなく蘇るのです。


それだけで数回のネタになりそうです・・

さて、最初は
突然蘇った記憶、ではありません。
え?
話が違う、ですって??

はい、ごめんなさい・・・

突然蘇った記憶のいくつかが
「食」に繋がったのです。

というわけで

今回のテーマは
「素麺」です。
ご不快に思われた方はごめんなさい。

はい・・

わたくしは・・・

そうめんが

「大嫌いだ~~~~~~~~~~!!!!!!!!」

おかあさん・・ごめんね・・・
ここでもばらしちゃうわ・・
怒って化けて出ないでね

亡母は基本的に料理が上手でした。
しかし、時々変なもの、を作りました。

更に
乾麺の扱いが極めて下手だったのです。
理由はずっとあとになってからわかりました。

夏になると
恐怖のそうめん地獄が始まります。

銀色のざるの中で
あちこちくっついて
団子状になっているそうめん・・

父と兄はどう思っていたのでしょうか?
母は何も気にしていないようでした。

私は
見た目からして無理で・・

子どもなりに事態を収めようと気遣いました。

言い訳は
「おなかがすいていない」

しかし
毎回というわけにはいかず

「冷たいおそうめんは嫌」

すると、母は
わがままな私のために
にゅうめんを作ってくれました。

いくらか
そうめん団子がほぐれ

なんとか食べることが出来ました。

しかし、それも限界があり

小学校高学年あたりで
「ごめんなさい。おそうめん、食べられません」
と宣言しました。


以来
ずっと素麺は食べませんでした。

高校教師をやめ
いわゆる「出戻り」状態でいた頃
出先で突然
そうめんをふるまわれました。

ぎゃ!!!!!

お断りすることも出来ず
決死の覚悟で・・・

えいっ!!!

ん???

なんだか母のそうめんと違う・・??

一口ずつ上品に盛り付けられ
艶やかで
くっついていない・・

私は苦痛に感じることなく
出された分を全て頂いたのでした。

それを亡父に話したところ
父は実践してくれたのです。

茹で上がったら
冷たい水で
きゅっきゅともむ、ということを・・・

「かあさん(母)はこれをやらなかったんだよ」

茹でたらざるに取って終わり、だったのだそうです。

何故に????
あれだけ料理が上手だったのに????

まあ・・
父が忠告したかしなかったかは訊きませんでしたが

忠告したところで
母が受け容れるわけはなかったでしょう。

それだけはわかります。

はい!それをきっかけに
私はそうめん嫌いを克服し・・・

とはなりませんでした。

実は・・

これは好みですから仕方がないのでしょうが
父が茹でる乾麺は
そうめんだけでなく
なんでもかんでも
柔らかいのです・・・

いえ・・
それだけではありません

後々には私が先回りするようになるのですが
「俺がやってやる!」という時期には
茹で上がってから薬味を切ったりするので
当然のごとく
麺はのびるのです。


しかしながら
原理だけはわかったので
今の家庭にて
変な乾麺料理、は提供せずに済んでいる、と思います。

娘花車のそっくりさん
そうめんが大好きです。

私は、と言いますと
相変わらずそうめんが苦手です。

たまに、一口だけチャレンジするのですが・・

「ママ!すごい顔で食べているよ!」

こんなにすごい顔でそうめんを食べる人を見たことがない、とのことで・・

トラウマでしょうか・・
「そうめん関連の不快なこと」が次々と蘇ってしまうのです。

更に最近では
そうめんが茹で上がるときのにおい、が
苦手になってしまいました。
家族のため
息を止めて一気に処理します。
うどんは大好きなのに・・

例えば
昔は「皮を剥げば食べられた鶏肉」が
最近では「皮や脂から出るにおい」がだめになり
鶏料理は家族のためのもの、となりました。
私は基本的に、地鶏のささみと梅がコラボすればなんとか・・

去年までは着られた服のひとつが
今年は着られません。
下着があたらない部分が
痒くて痒くて・・
ちくちくするのです。

こうして
日々「老い」に向かっていくのでしょうか

変化する身体
それは
退化

それは致し方ないことなのでしょうね

しからば

変化する心、は
進化したいと思います。



人生の残り時間など
誰にも予測がつきません。

「きんさん、ぎんさん」のようになるかもしれませんし
この瞬間に終了することもあり得るのです。


日々を
気負いなく
しかし丁寧に営むこと

そして
対人関係に於いて
あとに悔いを残さないこと
そのために必要な行動をすること




当面は
そういう「普通のこと」を重ねるつもりです。
皆様のページに
随時お邪魔することも含まれます。

どうぞ、よい週末をお過ごし下さいませ。